#Feel the difference

グレープフルーツと併用注意のお薬を飲んでいる方はお読みください!

医療機関でお薬をもらっていて、医師や薬剤師に「グレープフルーツと併用しないこと」と注意を受けている場合、そのお薬とCBDの併用はしないことです。

「塗るタイプのCBDなら大丈夫?」と思われるかもしれません。

大抵の塗るタイプのCBD製品は大きな問題になる可能性は低いものの、リスクをとるよりもご利用前に医師に確認することが大切です。

グレープフルーツと相互作用のある薬
ある種の降圧薬、免疫を抑える薬、コレステロールを下げる薬の中には、併用に気を付けなければならない食べ物があります。それは”グレープフルーツ”。

グレープフルーツに含まれるフラノクマリン類に、薬を代謝酵素の力を抑える働きがあるためと考えられています。そのため、薬の働きが強まり、副作用が現れやすくなります。

※グレープフルーツ以外にもフラノクマリン類を多く含む柑橘類、ぶんたん (ポメロ) 、オロブランコ、ダイダイ (ビターオレンジ)は注意が必要です。

カルシウム拮抗剤(フェロジピン、ニソルジピン、ニフェジピン)

抗高脂血症薬(アトルバスタチン)

抗不安剤(トリアゾラム)

免疫抑制剤(シクロスポリン)

参照:「健康食品」の安全性・有効性情報

https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail825.html

シトクロムP450 3A4
グレープフルーツが影響を与える代謝酵素はシトクロムP450 3A4(CYP3A4)です。CYP3A4とは、肝臓に存在する薬物代謝酵素シトクロムP450の分子種です。

シトクロムP450はCYPと略されて呼ばれますが、体の酸化反応に大きな役割を担い、肝臓で解毒を行う酵素です。CYPは500からなるアミノ酸残基からなり、その配列によって分類されています。

CYP3A4の最初の3はファミリー3、AはサブファミリーA、最後の4は特定のタンパク質を意味します。

=============================================



グレープフルーツをCBDに置き換えて注意してみる
CBDもグレープフルーツと同様、CYP3A4を阻害します。

もちろん、阻害する代謝酵素はCYP3A4だけではなく、CYP2C19などもありますが、お薬をもらったときに、

「グレープフルーツと併用しないように」と注意を受けた場合は、グレープフルーツをCBDに置き換えて、「CBDと併用しないように」と思っていただけたらいいと思います。

塗るタイプのCBDの働き
飲んだり食べたりべイプするタイプのCBD製品と異なり、塗るタイプのCBD製品は、一般的には皮膚に浸透し血中には入りません。

塗るタイプの製品は、塗った部分の局所的な働きが期待できるとともに、皮膚に存在するカンナビノイド受容体を介しカンナビノイドが吸収され、痛みを生じる原因となる炎症反応を抑えます。

これが、塗るタイプのCBDの働きです。

そして、鎮痛剤を飲んだり湿布を貼ったりしていた人が、CBDを塗ることにシフトしている理由でもあります。

塗るタイプのCBDの安全性
では、グレープフルーツと併用に注意が必要なお薬を飲んでいる人は、塗るタイプのCBDであれば安全に使えるか?

答えは、100%安全であるとは難しいです。

それは、年齢や食事、代謝酵素の働きなど個人差が大きく影響するからです。また、もしあなたがはじめてCBD製品を使おうと考えているのならば、尚更、CBDがどのように反応するか慎重に観察するべきでしょう。

そして、製品の品質にもこだわってください。

第三機関ラボが発行する成分分析表(COA)は公開されていますか?
カンナビノイド濃度だけでなく、重金属、残留農薬、残留溶媒、微生物、カビなども検査されているでしょうか?バッチごとに検査がされているでしょうか?

検査費用は1回$400-500(44000円~55000円)かかります。これを製品1つ1つ、さらにバッチが変更するたびに検査しているかどうか。。。品質と安全性にコミットしているメーカーであれば、問題なくCOAが提出できるはずです。

販売業者は明確ですか?
オークションサイトや販売業者が不明確なところから製品を購入しないことです。正規に日本に輸入されている製品を購入するようにしてください。

お薬を飲んでいると気を付けなければならないことがたくさんありますが、「絶対にいけない」ということではなく、個人差に左右されるものであり、体に現れる変化に注意して担当の医師に相談しながら安全に使っていけたらいいですね。

注:もちろん、絶対にいけない禁忌もあります。

CBDライフ~ぜひ楽しみにながら取り入れてください。

原文:WHAT’S THE RELATIONSHIP BETWEEN CBD TOPICALS & BLOOD THINNERS?

https://cbdfx.com/whats-the-relationship-between-cbd-topicals-blood-thinners/

CBDfx Japanでは、CBD製品を安心してご利用いただくために、現役医師と連携し、お客様のご質問にお答えします。

お問合せから、「ドクターへのお問合せはこちらから」をクリックし、会員ログインでご相談内容をお送りください。

※ドクターへの相談は、会員登録が必要です。