• BlueDreamz

4種のCBDバーム!それぞれの特徴とそれに合った使い方



CBDfxファンの皆様初めまして!

カンナビスライフスタイルアドバイザー Blue DreamzのEijuと申します。


今月からCBDfx様でブログのお手伝いをさせて頂く事になりました。


皆様よろしくお願い致します!私の簡単な自己紹介を記事の最後に記載してありますので、この記事の後にぜひ閲覧ください。


さて第一弾目の今回は、私のYouTubeチャンネルにもビデオをあげた、CBDfxのCBDバーム4種についてお話したいと思います。



<幅広い年齢層に人気のCBDバーム>

CBDバームの幅広い健康へのベネフィットのおかげで、私が住んでいるロサンゼルスでもとても一般的に利用されています。


近頃ではCBD専門ショップに足を運ばずとも、スーパーや薬局でもCBDバームを見かけるようになってきており、20代後半の若い世代から70代のおじいちゃんおばあちゃんまで幅広い年齢層の人々に受け入れられています。



<バーム、エッセンシャルオイルの本質を理解しよう>

" バーム " と言うと " ? " となる方もいらっしゃるかもしれません。


バームのベースになっているものは蜜蝋(ミツロウ)。そうです、ハチの巣です!


大きな保湿効果があり、蝋自体は働きバチの腹部の腺から分泌されたもので、リップクリームやハンドクリームのベースにもなったり、食用として使用されることもある安全な成分。


そこに他の保湿成分を足し、ヘンプエキストラクトオイルやエッセンシャルオイルを加えたものがCBDバームとなります。


CBDfxの4種のバームですが、ミニバームにはCBD 50mg、普通サイズのバームにはCBD 150mgが含まれています。感心したのが含有されているのは全て天然の成分で、それぞれに使用されているエッセンシャルオイルが見事に違うということ!


これはそれぞれ大きく違うので、それぞれの特徴をご説明しながらそれに合わせた使用方法についてもご説明します。





< ① カーミングバーム >

オレンジが可愛らしいカルミングバームに含まれている成分は下記の通り


・サンフラワーオイル

・グレープシードオイル

・ローズヒップオイル

・アボカドオイル

・シアバター

・蜜蝋

・ココナッツオイル

・カレンデュラオイル

・オリーブオイル

・ビタミンE

・ブロードスペクトラムCBDオイル

・ラベンダーオイル

・ジャーマンカモミールオイル

・ティーツリーオイル


アボカドオイルとシアバターには保湿効果があり、様々な化粧品やヘアオイルなどにも使用されます。ローズヒップオイルにはビタミンAとCが豊富に含まれていてアンチエイジングに不可欠な存在として知られています。


カレンデュラオイルとはカレンデュラというキク科の花から採れるオイルで、抗炎症、抗菌効果があり、大手化粧品会社Kiehl'sでもカレンデュラシリーズで基礎化粧品が一式揃います。ティーツリーオイルにも抗菌効果があり、空気を浄化するのに使われたりもします。



<オススメ使用方法>

保湿、抗菌効果が大きいので、花粉症やアレルギーの時期に鼻の中に塗るのがオススメ!これは鼻の中に侵入したホコリや花粉をバームが吸着して鼻の奥への侵入を防いでくれるというもの!


さらに鼻の粘膜にまでバームを塗ることによって、CBDの抗炎症作用で鼻の奥のグジュグジュ(あぁツライ!)を和らげることができます。


私はこれを昨年1年ほど続けたところ、アレルギーの症状が和らいだだけでなく、アレルギーシーズンや空気が乾燥しすぎるとできていた鼻の中のヘルペスが再発しなくなり、おまけに花粉アレルギーがなくなりました。


アレルギー症状が出なくなったのがCBDバームによるものなのかは確信がないですが、症状の暖和とヘルペスに効果があったのは間違いないと思います。





< ② オーバーナイトリカバリーバーム >

紫色がラベンダーを連想させるオーバーナイトリカバリーバームの含有成分はこちら


・サンフラワーオイル

・ホホバオイル

・蜜蝋

・シアバター

・ココナッツオイル

・イブニングプリムローズオイル(月見草)

・ビタミンE

・ブロードスペクトラムヘンプエキストラクト

・ラベンダーオイル

・ローマンカモミールオイル

・ワイルドオレンジオイル


注目したのはイブニングプリムローズ、月見草です。月見草と聞くと某お茶のコマーシャルの歌が頭に流れてくるのは私だけではないはずです!

月見草にはアトピーや皮膚炎の炎症や痒みを抑え、更には女性ホルモンのバランスを整え、生理痛や月経前症候群などの症状を和らげるとし、民間療法として古くから使用されてきました。ラベンダーとカモミールのリラックスの黄金コンビに、オレンジが加わって気分をスッキリさせてくれる優しい香りが気分を和らげるのにぴったり。


参考:月見草油について



<オススメ使用方法>

寝る前に首や肩、痛みがある箇所にしっかり塗り込みマッサージしてあげると、寝ている間にリラックス、ラベンダーとカモミールのアロマテラピー作用で穏やかな眠りへと導きます。女の子の日も、お腹にしっかりと塗り込んでみてください。オレンジの香りでイライラも沈めることができると思います。





< ③ シアバターシトラスバーム >

保湿効果がナンバーワンのシアバターシトラスバームの含有成分は下記の通り!


・サンフラワーオイル

・ホホバオイル

・シアバターオイル

・蜜蝋

・ココナッツオイル

・オリーブオイル

・ビタミンE

・ブロードスペクトラムヘンプエキストラクト

・タンジェリンオイル

・オレンジオイル

・レモンオイル

・マンダリンオイル


このバームは、4種類の中で一番固いです。ホホバオイルとシアバターの含有量が他のバームに比べて多いとのこと。バームが固いとはバームが取れづらい、肌の上に存在する時間が長いということなんですね!サラッとしたクリームだとすぐに取れてしまい、どろっとしたクリームだとしっかり保湿される、そんなイメージです。


触った感触は固いですが指をバームの表面におくと熱で少しづつ柔らかくなるので、そこからすくって肌に塗ってください。お肌の体温ですぐにすっと馴染みます。


配合された4種の柑橘系のエッセンシャルオイルですが、柑橘系のテルペンには気分を高揚させてスッキリさせてくれる働きがあります。更には抗菌作用に優れているので肌を清潔に保つことができます。

タンジェリンオイルには抗菌効果の他に肌の炎症を沈める働きが、オレンジオイルには血流を助ける作用が期待でき、マンダリンオイルには抗酸化作用があり細胞の成長を助けます。レモンオイルにも解毒、抗菌作用がありビタミンが豊富なので肌に栄養を与えることができます!(レモンオイルには光毒性があるので肌が敏感な方は太陽光下での使用はご注意ください)



<オススメの使用方法>

バームが固く肌に留まる時間が長く、保湿に優れていて肌に栄養を与え抗菌作用が期待できるので、お肌のトラブルなどに活用できます。

乾燥がひどい箇所や肌のトラブルに役立ちます。手の洗い過ぎやアルコール消毒で手荒れしてしまったという方にもおすすめです。





< ④ マッスルバーム >

最後に緑が爽やかなマッスルバームに含まれている成分はこちら!


・サンフラワーオイル

・ホホバオイル

・蜜蝋

・シアバター

・ココナッツオイル

・オリーブオイル

・ビタミンE

・ペパーミントオイル

・ブロードスペクトラムヘンプエキストラクト

・カンファーオイル

・ウィンターグリーンオイル


近年のエクササイズブームで、ジムで体を鍛えたりトレーニングを始めた方も多いのでは?そんな方にオススメなのがマッスルバーム。

ペパーミントには抗菌効果が、カンファーオイルにも抗炎症作用があり、脂性肌を整える働きもあります。ウィンターグリーンオイルは呼吸器系の症状を和らげ、サリチル酸メチルという成分を多く含みますが一般的に湿布にも含まれ、飴やガムなどにも使用されます。


<オススメ使用方法>

頭痛持ちの方、パソコン作業が多い方、首全体にこのマッスルバームを塗ってみてください。毛細血管の集まった耳の裏に塗るのも◎(肌が敏感な方はご注意ください)

ただ塗るのではなく、しっかりと塗り込んであげることによって成分がしっかりと浸透します。



いかがでしたか?


4種それぞれ、大きな違いがありますよね!


どれも捨てがたいですが、特徴をしっかりと理解した上で、皆様のライフスタイルに合わせたぴったりなバームを見つけてください♩




==============


カンナビスライフスタイルアドバイザー

Blue Dreamz Eiju


茨城県出身、ロサンゼルス在住歴10年目。

兄の死をきっかけに医療大麻というものを知り、正しい知識を身につけようとロサンゼルスはダウンタウンにあるディスペンサリーで場バッテンダーとして働き、マネージャーを務めるという経歴を持つ。

現在は正しいCBDや麻の知識を広めるべく活動中!

Instagram : @bluedreamz

Twitter : @bluedreamzla


0