#Feel the difference

お薬を飲んでいますが、CBDとの飲み合わせは大丈夫ですか?

CBDは天然由来の成分なので、医薬品と併用しても問題ありませんという記述をみかけますが、ある種のお薬との併用により、お薬の働きが強く現れる場合がありますので、注意が必要です。

CBDオイルは食品ですので、お医者さんの処方箋がなくても購入できますが、医薬品を服用している方には知っておいていただきたい事があります。

それは、CBDはシトクロムP-450という薬物代謝酵素を阻害する働きがあることです。

シトクロムP-450(CYP)は酸化還元酵素の総称で、薬物代謝に関わる酵素です。脂溶性の薬物を肝臓で解毒代謝する役割を担っています。

薬物を2種類以上併用する場合には、CYP阻害とCYP誘導(大半は阻害)による相互作用を考慮する必要があります。

併用された薬物が同じCPY分子種(ヒトでは約50種類あります)で代謝される場合、競合的な代謝反応が起こり、代謝の速度が低下します。どちらか一方の薬物(CPY分子種に対する親和性が低い薬物)の代謝が阻害され、代謝が低下して血中濃度が上昇します。つまり、お薬の作用が強く現れ、副作用が増大する原因となります。

CBDはCYP分子種のうち、CYP3A4、CPY2C19、CPY2C9などの酵素の働きを阻害するため(1,2)、これらのCPY分子種を介して代謝される薬物とは相互作用がみられます。

CBDと併用することにより薬物の代謝が低下して、血中濃度が上昇する可能性のある薬物は下記の通りです。

・マクロライド系抗生物質

・カルシウム拮抗剤

・ベンゾジアゼピン系薬物

・シクロスポリン

・シルデナフィル等PDE5阻害薬(排尿障害改善薬)

・プロトンポンプ阻害薬

・抗ヒスタミン剤

・ハロペリドール

・抗レトロウイルス薬

・HMG-CoA還元酵素阻害薬*

・SSRI(抗うつ薬)

・抗精神病薬

・ベータ遮断薬

・オピオイド(コデインやオキシコドン)

※アトルバスタチン(リピトール)、シンバスタチン(リポバス)は相互作用はありますが、プラバスタチン(メバロチン)、ロスバスタチン(クレストール)にはみられません。

CBDfx Japanでは、CBD製品を安心してご利用いただくために、現役医師と連携し、お客様のご質問にお答えします。

お問合せから、「ドクターへのお問合せはこちらから」をクリックし、会員ログインでご相談内容をお送りください。

※ドクターへの相談は、会員登録が必要です。

1)Potent inhibition of human cytochrome P450 3A isoforms by cannabidiol: role of phenolic hydroxyl groups in the resorcinol moiety. Life Sci. 2011 Apr 11;88(15-16):730-6. doi: 10.1016/j.lfs.2011.02.017. Epub 2011 Feb 26.

2)Cytochrome P450 enzymes involved in the metabolism of tetrahydrocannabinols and cannabinol by human hepatic microsomes. Life Sci. 2007 Mar 20;80(15):1415-9. Epub 2007 Jan 17.

<参考>

Medical Cannabis Adverse Effects & Drug Interactions

チトクロム P-450 の阻害に基づく薬物相互作用