• CBDfx Japan

CBD製品にMCTオイルが使われている理由


CBDは油によく溶ける性質を持っており、CBDfxでは、ティンクチャーやカプセルを製造するときには、CBDと一緒にMCTオイル(ココナッツ由来)を混ぜています。


なぜMCTオイルを使うのでしょうか?


今回は、その理由についてご説明させていただきます。


MCTオイルとCBDは仲良しカップル💛

食品の組み合わせというのは、本当に大切です。


例えばフレッシュなサラダを食べるとき、あなたはドレッシングなしとドレッシングありとどちらを選びますか?

ドレッシングには油が含まれるから、ない方がヘルシーかなと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、サラダドレッシングの油によって、野菜に含まれるビタミンやミネラルといった栄養素の吸収を助けるため、栄養素の吸収を考えると、ドレッシングをかけた方がよいといえそうです。

上記の例と同じように、CBDにMCTオイルを加えることによって期待できる良い働きがあります。



1.CBDが血中に浸透する前に消化器官で分解されるのを防ぎます。


2.CBDは脂溶性の成分のため、MCTオイルのような飽和脂肪酸と一緒に摂取することで、効率よく身体に吸収されます。


3.MCTオイルはCBDが血中に運ばれる時の輸送トラックの役割を担います。



CBDのバイオアベイラビリティ*はもともと13~19%と低く、例えば20mgのCBDを食べた場合、2.6~3.8mgのCBDしか血中に移行しませんが、MCTオイルと一緒に使うことで、バイオアベイラビリティの低下を防ぐことができるのです。


* 摂取した薬物が全身循環に到達する割合をバイオアベイラビリティ(生物学的利用能)と言います。


CBDティンクチャーオイルは、CBDにMCTオイルを一緒に配合している製品が多いのはこのためです。



関連ブログ記事

CBDオイルを食事とともに食べるべき理由

https://www.cbdfx.jp/post/cbd-before-after-meals




MCTオイルとは?

正式名称をMedium Chain Triglyceride(中鎖脂肪酸)と言います。中鎖というくらいなので、短鎖も長鎖脂肪酸も存在します。脂肪酸の構造中の炭素の数によって短鎖(炭素6個以下)、中鎖(炭素8~10個)、長鎖(炭素12個以上)と分類しています。


MCTはココナッツオイル、母乳、牛乳、チーズなどの乳製品に含まれます。


体に吸収されやすく脂肪酸は素早くケトン体(エネルギー源)に変換され、グルコースの代わりに脳にエネルギーを与えます。


素早くエネルギーに変換し、代謝も上げ、脳へ活力を与えるとして、バターとたっぷりのMCTオイルが入ったバターコーヒーはアメリカでも大流行しました。

朝のコーヒーにMCTオイルが入ったCBDティンクチャーを加えることは、頭をすっきりさせ、一日のはじまりにはもってこいと言えるかもしれません。

<参照>

北海道大学大学院-食と健康の情報 No.14 健常者血中の中鎖脂肪酸濃度

https://www.hs.hokudai.ac.jp/cmcl-lala/foodreport/%E5%81%A5%E5%B8%B8%E8%80%85%E8%A1%80%E4%B8%AD%E3%81%AE%E4%B8%AD%E9%8E%96%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8%E6%BF%83%E5%BA%A6/


MCTオイルのダイエット効果?!

MCTオイルは満腹感が得られ食べ過ぎを抑制するという働きがあるそうです。そのため、ダイエットにしばしばMCTオイルをすすめるのも目にします。


バイオアベイラビリティが高いため、MCTオイルは素早くケトン体に代謝され、脂肪を燃焼しエネルギー源になります。


お腹の調子を整える

MCTオイルは素早く吸収されるため、消化器官を通過する速度が早く、食物を消化するためのエネルギー源となります。食物が消化されるのは、腸に存在する腸内細菌が活発に働いてくれるお陰です。腸内細菌がいなければ、カビや有害菌が繁殖し、身体の様々なトラブルを引き起こします。


MCTオイルは腸内の善玉菌の成長を促し、消化を助け、健康に役立つことがわかっています。


<参照>

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10507598/


脳の健康

脳機能を健全に保つには、良質な脂質が必要です。私たちの脳と神経は複雑な網目状に繋がっており、脂質で覆われています。そのため、脂質を補給しないと、脳からの指令は適切に働きません。


MCTオイルをCBD製品に加えるメリット


CBDfx製品にMCTオイルを使う訳・・・それはCBDやその他の成分の吸収を高めるため非常に相性がよいからというのがご理解いただけたと思います。


CBDfxのティンクチャーにはMCTオイルが配合されていますが、MCTオイルによってCBDやその他のカンナビノイドが身体にうまく吸収されるのを助けてくれるので、なくてはならないパートナーなのです。


新パッケージのCBDfxティンクチャー


【1000mg】ライチレモンキウイ(CBDティンクチャー)ブロードスペクトラム




【1000mg】ブルーベリーパイナップルレモン(CBDティンクチャー) ブロードスペクトラム




【1000mg】レモンライムミント(CBDティンクチャー)ブロードスペクトラム



CBDfxのティンクチャーの配合成分は、


・MCTオイル(ココナッツ由来)

・オーガニック天然フレーバー(天然の果物由来)

・ブロードスペクトラムCBDオイル


この3つだけです。


甘みがあり(砂糖不使用)、大変飲みやすいので、CBDオイルが苦くて飲めなかったという方にもおすすめです。

日本だけのために特別に「THC非検出ティンクチャー」を製造しています。米国で販売されているCBDfx製品とは異なりますので、並行輸入品などにはお気を付けください。

<参考原文>

HERE’S WHY MCT OIL IS USED IN EVERY CBDFX PRODUCT

https://cbdfx.com/heres-why-mct-oil-is-used-in-every-cbdfx-product/


67回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
0