2019年版 CBDfxベイプペン完全ガイド

最終更新: 2019年8月23日



CBD初心者でも、ヘビーユーザーでも、CBDベイプは、カンナビノイドの恩恵を手軽に感じることができる非常に効果的な方法です。

CBDの蒸気摂取は、CBDの素晴らしい効果をすぐに体験することができる方法です。そして、CBDベイプは、家にいても外出中でも気軽に使うことができる、CBD摂取のとてもスマートな方法です。


CBDベイプについて研究を進めるにつれ、まず最初に気付くのは、CBDの蒸気摂取にはたくさんの選択肢があるということです。 もし、あなたがCBDよりも前にタバコなどを蒸気摂取しているヘビーユーザーだとしても、インターネット上に溢れているすべての情報を調べ、CBDベイプに関する真実の情報を探すのはとても大変なことです。この完全ガイドでは、このCBDの摂取方法の利点を体感するために、CBDを蒸気摂取することについて知っておいたほうがいい情報をお教えします。

CBDベイプについては、多くのことを学ぶ必要があります。たとえば、「CBDの ブロードスペクトラムとアイソレートではどちらがいいのか?」

昨今の研究結果により、「ブロードスペクトラムCBDの方が、アントラージュ効果と呼ばれる特別な相乗効果を与えてくれる」と考えられています。そのためCBDfxでは、アイソレートタイプよりも、ブロードスペクトラムタイプをおすすめしています。

このように、CBDについては知っておくべき事項がたくさんあります。このCBDベイプ完全ガイドを通じて、CBDfxではCBDベイプを始めるのに必要な器具の選び方など、必要な情報をすべて提供いたします。 まずはCBDの蒸気摂取についての質問に入る前に、CBDベイプの5つのヒントをご紹介いたします。


1)純粋なCBDオイルを絶対に吸わない。

必ずMCTなどのキャリアオイルと混ぜるようにしてください。間違ったキャリアオイルと混ぜたCBDを蒸気摂取すると、肺炎などを引き起こしてしまう可能性があります。安心してCBDを蒸気摂取するためにも、きちんとした製品を使うようにしてください。


2)CBDベイプペンは、きちんとした製品を選ぶこと。

ベイプペンの中には、CBDに適さない温度の器具もあります。そのため、タバコ用やその他の器具をCBDベイプとして使わないようにしてください。適温で使用しないと、CBDをきちんと摂取できない可能性もあります。CBDの効果をきちんと感じるためにも、適切な器具を使うようにしてください。


3)CBDベイプペンは、いつでも携帯。

人によっては、不安障害などからいきなりパニック発作などが起きる可能性もあります。CBDを必要な時にすぐに摂取できるように、いつでも持ち歩くようにしましょう。


4)メーカーによってベイプペンの設定は違う。

すべてのメーカーのCBDベイプペンが同じ設定ではありません。メーカーによって1回の吸引で摂取できるCBD量は異なります。きちんと効果を得るためにも、説明書をよく読み、自分の使っているCBDベイプペンについてきちんと把握しておきましょう。


5)初めてCBDをベイプする際は、少しずつ。

まだ慣れていないのに、いきなり吸い込みすぎるとCBDオイルを無駄にしてしまう場合があります。咳き込んでしまうと、目的の効果が得られないこともあります。多ければ良いというものではありません。


◻︎繰り返し使えるタイプのベイプペンVS使い捨てタイプのベイプペン

肺から血流に入れるためには、まずCBDを適切なキャリアオイルに溶かす必要があります。

ですが、純粋なCBDを購入し、自分で適切なキャリアオイルと混ぜてCBDリキッドを作ることはおすすめしません。

もし自分でCBDリキッドを作った場合、肺にきちんと吸収されない可能性があります。その場合、CBDリキッドは気道に残ってしまいます。そして気道に残ってしまった場合、雑菌の繁殖を引き起こす可能性があり、さまざまな病気に感染してしまう可能性があります。そのため、きちんとしたキャリアオイルを使用した信頼できるブランドのCBDリキッドを使うことが重要なのです。


CBDを安全に蒸気摂取するための最善の方法は、CBDfxの使い捨てタイプのベイプペン、またはCBDfxのCBDベイプジュースまたはCBDベイプジュースで使用している成分で作られたCBDリキッドを使用することです。雑菌の繁殖を起こしてしまう成分は使わずに、肺にきちんと吸収されるように、CBDfxではすべてのCBDベイプ製品を適切な材料を使って製造しています。CBDfxでは、顧客の身体に負担を掛けるような成分は入れず、安全かつ最高品質のCBD体験を提供するために、オーガニックで遺伝子組み換えでない ブロードスペクトラムCBDオイルをMCTオイルと混ぜています。


◻︎使い捨てタイプのCBDベイプペンの使い方VS繰り返し使えるCBDベイプペンの使い方

CBDfxの使い捨てタイプのベイプペンを使うのは非常に簡単。

他のメーカーのベイプペンはボタンを押しながら吸ったり、分かりづらい複雑な手順があったりしますが、CBDfxのブロードスペクトラムCBDのベイプペンは、ただ口に入れて吸うだけです。

もし、CBDベイプペンを吸っても蒸気が出なくなったら、新しいCBDベイプペンを買うサイン。

繰り返し使えるCBDベイプペンを使うのは使い捨てタイプよりも若干複雑ですが、とても簡単です。繰り返し使えるベイプペンにはカートリッジがあります。これは、CBDリキッドを入れる場所です。

これらのカートリッジのほとんどには特定の開口部があります。

繰り返し使えるタイプのCBDベイプペンは、その使っているメーカーにより、それぞれに合うアトマイザー、バッテリーなどの部品があります。CBDを始める際、まずは分かりやすいCBDfxの使い捨てタイプのCBDベイプペンを使う方が楽かもしれません。


◻︎CBDベイプペンはどのくらいの期間使えますか?

この質問は簡単には答えられません。CBDベイプペンがどのくらいの期間使えるかは、2つの要因によって決まります。その2つの要因とは、CBDベイプのオイルカートリッジの大きさと、ベイプがCBDオイルを気化させる速度です。CBDfxのCBDベイプジュースの賞味期限は、常温保存でだいたい1〜2年程度です。

もし、一日中絶えずにCBDを吸い続けた場合、カートリッジがどんなに大きく、1度に吸う量を少なくしてもCBDリキッドはすぐに終わってしまいます。ですが、もし一日を通じて、低ワット数のCBDベイプペンをより少ない頻度で使うことにより、CBDリキッドを長持ちさせることも可能です。


ベイプペンのワット数が高ければ高いほど、速くCBDリキッドは終わってしまいます。もし、あなたが200ワットと100ワットのベイプペンを持っている場合、200ワットのベイプペンの方が、100ワットよりも2倍速くCBDを消費してしまいます。

ですが、高ワットのベイプペンの方が、吸う際の蒸気量が多くなります。高ワットのベイプペンを使用すると、1回で多くのCBDを摂取することができるため、少ない量でも満足感を感じられる場合があります。

また、大きな煙を吐くことができるため、高ワットのベイプペンを使っている人もいます。より多くの量のCBDを蒸気摂取したい場合は、高ワットのベイプペンを使った方が良いでしょう。それよりもCBDを節約しながら摂取したいと感じているなら、ワット数の低いベイプペンを使う方が良いでしょう。


◻︎1番良いCBDベイプペンはどれですか?

ある人にとって1番良いCBDベイプペンは、別の人にとっては最低のベイプペンの可能性があります。まずは、市場に出回っているCBDベイプの種類を分類する前に、ベイプペンとワックスヴェポライザーの違いについて学んでいきましょう。

CBDリキッドは、キャリアオイルとCBDオイルを蒸気摂取できるように特別に作られた液体です。ほとんどの場合、CBDベイプペンは、ニコチンを含んだリキッドに使用する器具と基本的には同じですが、ニコチン用の器具よりも低い温度で蒸気に変化します。


一方、CBDワックスのヴェポライザーは、CBDワックスを蒸気摂取するために設計されています。これらのヴェポライザーは、CBDリキッド用のベイプペンでは使うことができません。CBDワックスは粘性があります。

CBDベイプペンとCBDワックスのヴェポライザーについて理解を深めたら、ある一定数の人たちはさらにCBDを強力に摂取することができる大きなヴェポライザーを使いたいと考える人もいることでしょう。CBDfxジャパンでは、さまざまなお客様に対応できるよう、幅広いセレクションのCBDの吸引器具をご用意しています。


◻︎CBDベイプペンを吸ってから、効果を感じる前にどのくらいの時間が掛かりますか?

蒸気摂取は、CBDを身体の中に吸収するための最も速い方法です。

ほとんどのCBDfxユーザーは、CBDのベイプペンとCBDリキッドを使用した際に1番早く効果を感じています。また、CBDを蒸気摂取した直後に効果を感じなくても、適量を摂取すれば数分以内に身体の変化を感じることでしょう。

あなたがCBDを経口摂取したり、その他の方法で摂取した場合、CBDの効果はそこまで明確ではないかもしれません。しかし、多くのCBDfxユーザーは、CBDを蒸気摂取してすぐに効果を感じるとレビューに記載しています。

CBDリキッドを他のCBD製品と一緒に使うことで、より強い効果を感じることができます。たとえば、CBDグミやCBDカプセルを経口摂取してからCBDの効果を感じるまでにCBDベイプを蒸気摂取することにより、さらに効果的な体感を得ることができる場合もあります。

306回の閲覧
0