妊娠中にCBD製品は使用できますか?



「妊娠中にCBD製品は使用できますか?」というお問合せを多くいただきます。


結論から申し上げると、弊社では、妊娠中のCBD製品のご利用はおすすめしておりません。


FDAの発表では、大麻草の成分の1つであるTHCは、THCの使用後に母乳中に6日間残存するようです。赤ちゃんの未完成の脳は、THCの何らかの影響を受ける可能性が考えられます。


FDA:What You Should Know About Using Cannabis, Including CBD, When Pregnant or Breastfeeding


ではCBDはどうなのでしょうか?

妊娠中のCBDの影響について掘り下げてみましょう。





科学的な根拠は?


赤ちゃんがお腹にいる間、胎児の栄養と健康はお母さんに依存しています。胎児の成長には良質な栄養が必須であり、これらの栄養はお母さんが口にした食べ物から得られます。そのため、お母さんが適切な栄養素、ビタミン、ミネラルを摂取することが大切です。


CBDは、大人の方が正しい使用法で利用する限り、概ね安全とされている成分です。


妊婦さんがCBDを利用した場合の、妊婦さん自身の危険性や長期使用の健康リスクはないと考えられるものの、胎児への影響は未知数です。